記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性力の発揮と昭和のオトコ




”企業での女性管理職を増やしましょう”
と、ここのところメディアで聞かれる機会が多い。

安倍政権が女性の活躍を推進する取り組みを進めているところがまぁ発端で
日本中がザワザワしている。


大手企業も、その新法制定を見据えて、女性の管理職登用を2020年までに
何%増やすなどの目標を掲げている。

マッキンゼーが世界の企業で調査した結果
「女性のプレゼンス(存在感)が高い企業のほうが業績がいい」
ということがわかったと。 (データソースはコレ

じゃぁ日本はどう変わってきたかというと・・
未だに企業の8割が女性管理職は10%未満。
今後女性管理職が増えると思うか?については、2割しか「増えると思う」と回答していない。
この帝国データバンクの調査結果はかなりリアルな回答で興味深い。

私のように、結婚に重要さを求めないちょっと変わった女性も増えてきたことによって
もう少し時代もその流れに追いついてほしいところですが、これがなかなかうまくいかない。

企業がなぜ女性管理職を増やしたくないかというと、この言い分も結構ぶっちゃけていて
・女性自身ももう少し、管理職となるべく努力をしていただきたい
・管理職に登用するが辞める女性も多い
・地方では管理職になりたいと望む女性社員はまだまだ少ない
とのこと。

これってホントにただの言い訳だと思う。
私、渦中にいるからよーくわかる。

殆どの企業は男性社会で、男性管理職が大半を占めている。
で、このオッサンたちが変わらなければ何も変わらない。

変えてみようじゃないか!という物わかりのよさそうなオッサンもいることはいるけど、
いかんせん、女性への教育力がタリナイ。

そうなんです、思い返せば彼らオッサンは、「昭和のオトコ」。
昭和のオトコだから、女性をどう扱っていいかわからない。
女性の部下とどうやってコミュニケーションをとったらいいのかわからない。
とってるつもりだけど、間違った方向にいっている。

もうね、「オンナは何も言わずにオレについてこい!」
っていう昭和のオトコどもが女性の部下を管理職に育てられるとは思えない。

企業のトップにいる男性の中には、「家庭では亭主関白、オンナは家事をすればいい。」
なんていう人、未だに多いはず。

こういった古いタイプの昭和のオトコが絶滅しない限り、女性の管理職登用はムリでしょうね。
私の予想では、あと10年はかかると思う。
だから、2024年までに女性管理職登用○○%アップ、という目標に下方修正したほうが
現実的だと思う。

そして、今現在女性管理職を続々と登用している企業も、女性たちが「働きにくい」とか
「こんなんじゃモチベーションが上がらない」とならないように配慮してほしい。
配慮というのは、女性を手厚く扱うとかそういうことでもないんだな。

「2020年までに女性管理職登用を50%アップ!」なんて数字だけが先走ると
それは逆効果になってしまうということを忘れないでほしい。

スポンサーサイト

コメント

1. なるほど・・

怒り の矛先が理解・・できた
いかんせん 私は企業人ではないので
本当に現場での フツフツする 気持ちの悪さは
わかりきれないとは思うけど もし私がサラリーマンでおり続けていたら どうだろう・・と思うと
確かに当時では珍しい女性の活躍する給与も男女同じの 会社に籍を置いていましたから
もしかしたら・・・あの時の勢いがあれば・・
虎視眈々であった 私が多くの男を蹴散らかして 管理職についていたかもしれない・・なんて甘い妄想に浸ることもありますが 今のその
会社の実情を見ると 到底無理だと 一目瞭然です だからではありませんが・・人に使われるのがいやで 個人で動く仕事についていますが
人としての存在とオンナとしての存在の在り方の既存の観念がなくならない限り あほでも
オトコ登用はへらないし 結局は
いつも言われているように オンナの足を引っ張るのはオンナであることも・・事実なのでしょうね
声掛けして 満足・・・それが オトコ・・でもある・・

2. 無題

私もこの目標にはあまり賛成してない方です。
数字だけ羅列しても、結局中身が伴わなければ意味がないと思います。
社外取締役なども同じだと思いますね。
女性云々よりも、本当に仕事ができる人を管理職とすべくサポートして育てるべきでは?と思います。
また、仕事が出来る女性でも出産などで職場を離れなければならないとき、その人が気持ちよく復帰できるようにするなど環境面も大事ですよね。
この環境面って意味では、本当に「昭和のオッサン」は害虫同様。
私の会社のトップはまさに「昭和のオッサン」なので、私の会社においては、女性が管理職になるのは並大抵ではないと思います…。

3. 無題

あきさんの考え、ものすごくよくわかります!
わたしが以前勤めていたゼネコンでも最近女性の技術やさんを積極的に採用して現場に出しているそうですが、如何せん現場はまだまだ超男社会。
結局辞めてしまう人ばかりだそうで。
まずおっさんたちの教育から始めなければ何も変わらないと思います。
今の管理職世代の50代はまだ女性は家事、と思っている年代でしょうから、30代40代の人たちが管理職になる頃には、、と期待します。
「事務所のねーちゃん」扱いでも不満言わず働いている自分はきっとゼネコンで洗脳されてしまったのかも(笑

4. 昭和の男

確かに、アキさんのおっしゃることも解りますが、帝国データバンクの結果コメントも理解できるところがあります。わたしが今までみてきた中では、帝国データバンクの結果コメントの女性も多かったです。現在まで、仕事の世界を築いてきたのは男性であることは事実です。であるならば、男性の社会常識が仕事上の常識として、上手くやっていく術を持つこともまた必要なのかと思っています。業界によっても異なると思いますので、一概には言えませんけどね。

5. !

こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しています。

目標値、サステイナビリティを完全に無視した数字onlyの目標設定ですよね。女性管理職の数値をあげる必要性はそりゃもちろんあります。でも一時的に会社に「雇用した」という事実をつくらせる無意味なやり方でなく、しっかり社会全体に変化をもたらす必要がありますよね。環境を整えたり、教育・意識向上を行った上で行動改革をしなきゃ、ですよね。
かなりの費用労力をかけないといけないし、時間もたっぷり必要。

まぁでも昭和のオトコが蔓延っている以上難しいですし、平成オトコたちですら根底には男尊女卑の意識がある気はします。教育ですね、必要なのは。

6. Re:なるほど・・

>ゆみんさん

声掛けして 満足・・・それが オトコ・・でもある・・

ほんと、これですこれ笑
ちょっと、うちの会社の、ゆみんさんのコメントをヒロシに見せてほしい!

小さな島国ニホンはハード面は戦後から急成長しましたが、ソフト面を考えるとまだまだ昔の古いしきたり、たとえばその男尊女卑なところですね、男は女を対等に見ていないという点などは本当にこれが先進国と言っていいのかと思うくらいです。

ゆみんさんのように、組織は合わないと見きっていくのが一番賢い女性かもしれませんが、私のようにその勇気がない笑 という人間にとってこの男性社会でやっていくのは。。。見た目には対等に見えるんですが、根底がまだまだ古い垢がとれてない以上、ちょっとやりきれない思いです。

私の夏バテのような症状は、自宅に戻ると治るという不思議な現象です。。本当に怒ってるんでしょうね、見えない何かに。

7. Re:無題

>りんごさん

こんにちは。いつも真剣に考えてコメントをくださって嬉しく思います。

女性管理職登用に力を入れるのはいいですが、りんごさんがおっしゃるように、それが独り歩きしてしまうと、今度は実力があるのにそっぽをむかれる男性もでてきてしまうんではないかという懸念も少しあります。
そうですね、本当に実力のある人材を育てる企業の力、これがとても大事ですね。
せっかく実力がある女性がいて、管理職になったとしてもそれをサポートする力がなかったら、彼女はモチベーションが下がって辞めてしまうかもしれないですし。
今の時代、育児も仕事も精一杯頑張る女性はたくさんいるはず。それをバックアップしてあげる方法はオッサンたちにはわかるまい。。
だって、女性は家事と育児をやればそれでいいという彼らですからね。。
根底ではそう思ってますからね。呆

8. Re:無題

>ロッタさん

ゼネコンはこれまたかなり濃厚なオトコ社会ですね。
そこで働く女性は少なくともなよっとした女性ではなくて、小ざっぱりとした性格なんじゃないかと思うのですが、そんな彼女たちでもギブアップしてしまうほど、なんでしょうね。
技術系だと、ある意味職人肌の気質だから、これまた厳しい世界だったのかもしれません。

ロッタさんのように、今思えば洗脳されていたかもしれませんが笑、 実はそうやって不満を言わずに働くということが一番平和で賢い方法かもしれません。

9. Re:昭和の男

>まるのさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

もう少し私の書いた文章を読んでからコメントをいただけると尚嬉しいです。
伝わってないなと感じました。

まるのさんは「はじめまして」の人に現実の社会でも私にコメントしたようにされていらっしゃるのですか?だとしたら、男性社会とか云々その前にそれは違うと思います。

10. Re:!

>チュリさん

はじめまして。コメントをありがとうございます。

企業が目標を掲げてそれに向かって努力するのはいいことですが、無理矢理目標達成して、はいじゃぁオンナども、管理職を与えたからがんばりたまえ、ってぽっと投げ出すような感じが目に見えます笑

この目標は悪くはないと思いますし、こうしてフォーカスしてくれるような時代になったことは嬉しい話ですが、国も行政も一丸となって買えていかなければ、「あーぁ、だから女の管理職は・・」とか、違う方向で避難されてしまいますね。

11. Re:Re:昭和の男

>あきさん
こんにちは。意図を汲み取れず大変失礼しました。読みなおしてみます。ただ、以前コメントはさせていただいたことはあります。従って、はじめましてではありません。お気にさわったようで大変失礼しました。

12. 無題

私の勤務先(総合商社)もご多分に漏れずの男社会です。
業界内で「女性が役員になった」とニュースもありましたが、おなじ会社のトップの言葉で「イクメンや弁当男子は出世できない」という記事もあり、まあ、そういう考え方の世代がトップでいる限り・・・と思います。(イクメンがいい悪いではなく、そういう発言をする裏に「オンナが家事をしないで…が透けて見えるのが、どうかという意味で。)

本来であれば、オトコであろうがオンナであろうが、実力があればどんどん上に引き上げるべき。で、それができている組織が「業績がいい」のだと思います。
ですが、今のニッポン。
運も実力のうち、とはいえ「実力」以外で出世する人が多すぎ。その結果の一つが「男性の管理職が多い」とも。(いや、実力あっての男性管理職も勿論いると思いますが)
そして、女性を「管理職」に据えるにあたっては、「男性以上の頑張りを見せてもらわないと、認めない」という雰囲気が強いのも確か。乃ち、学歴や資格、等々。ああ、そういうものがあるから彼女は出世したのね、そういう「目に見える理由」が求められるようにも思います。男性にはそういうの、無いとおもうのですが(あくまでも私見です)

そんな中での「数値のみの目標」。下手するとそれこそ「実力がないけど、女性だからってだけで引き上げた」というつじつま合わせの企業が出てくるか、或いは 掛け声倒れで終わるか。本来あるべき姿の「実力伴った…」はどこへ?という未来となりそうな気もします…

13. 無題

全く同感です。口は悪いですが、昭和の男がアホすぎる。時代遅れも甚だしいと思います。男嫌いやからこんな言い方になってしまう(^_^;)

14. Re:無題

>みゅーさん

再びこんにちは。
昨日簡単にお返事をさせていただきましたが、今日は改めて。。

とにかく私が言いたかったことをみゅーさんが代弁してくださっていたことがとても嬉しかったです。

オトコであろうがオンナであろうが、実力があればどんどん上に引き上げるべき。で、それができている組織が「業績がいい」のだと思います。

これ、これです。
私がブログ上で書きましたマッキンゼーの世界の企業調査の件がありましたが、これっていうのは、「そういう組織ができあがっているから業績がいい」ということであって、別に「女性の管理職がいるから業績がいい」っていうことではないんですよね。

更に私も「そうそう!」と言いたかったのは、実力意外でのし上がる人が多いということ。
これは自分の直属の上司との相性と運次第というのは。。。たぶん私だけが感じていることではなくて、男女関係なく違和感を持っている人も多いかと思っています。
妙に上司へのパフォーマンスが上手なやつっていうのは、可愛がられるんでしょうか、ね笑。
私の仕事内容は、自分たちの業績がオープンになっているわけで、担当者別に「この人はやった」「この人は。。遊んでたの?」という結果が丸見え。なのにどうしてこの人が昇進??っていうケースが多々あるのが七不思議です。

女性管理職の件は、つじつま合わせは確実にでてくると思います。
特にうちの会社。ニュースで大きく取り上げられている関係で、今後の方針も注目され、それの結果も求められると思います。
営業利益だのとっても、かなりつじつま合わせだったりするところを見ると、この女性管理職の件に関しても必ずやると思います。
政府はこの目標を達成した企業にはなにかご褒美をあげるのでしょうか?法人税をディスカウントしまっせ!とか?笑 
そんなやりとりが裏側ではあるように感じるくらい、目標達成に向けて躍起になっているようにも感じます。

私もこんだけ違和感を感じているのだったら自営になったほうがマシ&自由かもしれません。


15. Re:無題

>あやころりん☆さん

ひとことで言って「アホ」ですね笑
詳細を言えばキリがありませんけど笑
私もあやころりんさんと同じかもしれません。
1人で生きていけるから未だに独身ですし笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokyosingle

Author:tokyosingle
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。