記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド・お金ぼったくりの方法①


image

インドの話を少し。

バンガロールは観光するようなところが少ないので、ぼったくりのプロはデリーやバラナシなど
他の地域より少ないように思いました。

しかし、外国人が行きそうな場所に行くとボチボチ登場します。

今回は2回トラップがありました。

まず1回目。
サファリパークに行きました(一人でw)



ホワイトタイガーなどの日本では珍しい動物を間近で見ることができます。
サファリレポは後日します。

小型のバンに乗って動物を見るのですが、外国人らしき人は私だけ。あとはインド人乗客。
私をとてもいい席(前方もよく見える助手席)に座らせてくれて、どの国から来たの?など
会話をしました。
私が「ここには日本人もよく来るの?」と聞いたら、「オォイエス、沢山来ますよ」。

日本企業も多いバンガロール、観光で行くところもないしありえる話です。
でもこれがポイント。
日本人、インドでおカネの感覚がなくなるのか、知らぬ間にたいていカモられています。

サファリ中、いたれりつくせり私にしてくれた彼ら。
私と反対側に動物がみえたら「写真撮ってあげる」と、代わりにベストショットを撮ってくれます。
さらに、細かい動物の説明をしてくれながら回ってくれます。

そしてサファリ終了となって車から降りるときに、いい感じでインド人乗客を全員おろし、
私一人をちょっと残しました。へー、なんだろ。と思いましたけど。
そうしたら「すごくサファリよかったでしょ?結構頑張ったんだ。だからチップはずんで」って。
手には100ルピー札(190円くらい)が。
・・・? 他のインド人誰もチップやってなかったじゃん。
どっからでてきたのそのお金。


image
「おカネ持ってないし。ごめん。」

と、私は30(57円くらい)ルピーくらいがはいったお財布をみせました。

そうしたら「なら日本円でもいいんだ。僕、外国のおカネをコレクションしてるから」
ときたもんだ。

もうますますおカネをあげたくなくなった笑

でも、確かにサービスはよかったから20ルピーをあげました。
これで十分すぎるくらい。

インド人はそんなにしつこくないんで、それ以上喰らいついてくることはないと思います。
確かに100ルピーは日本人の感覚にしたら全然安いかもしれないけど、あげすぎはですよね。
しめた!と思って、つぎのターゲットの日本人にどんどんお金をせがむことになりますから。
子供のかわいいおねだりは、ピシッと対応してください。


まぁ、そんなこともあるだろうと思って、ブサイクな小物入れにお札(チップやタクシー、バス、
トイレを利用するときのための小銭)をいれておいて、「私はおカネをもってないですから」アピール
をしておくのもいいかなと思います。





スポンサーサイト

コメント

1. 無題

おぉ、体験談は貴重です。それもついこの間の事。
勉強になります!

2. 無題

私はいつも海外に行くとき いつも使っている財布は日本においていってます。
小物入れにでも使用できそうなものと小銭入れと。アジア雑貨店に売ってそうなものです

学生の頃 チップ出したつもりだったのですが、少なすぎたようで 凄く舌打ちされた覚えがあります(笑)

全然関係ないですがやっと 大阪梅田 のはなだこ 行ってまいりました!
あきさんオススメ通り美味しかったです!!!

3. Re:無題

>はるみんさん

ですよね!はなだこおいしいですよね!!

日本で普段使っている財布って、海外で使いにくくなりますよね。
お札のサイズが小さくなったり、コインがやたら大きくなったり。
私も家においていっています(^∇^)

4. Re:無題

>naoさん

他にもあるので、またいつか書きたいと思います(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokyosingle

Author:tokyosingle
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。