記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ航空・ファーストクラス搭乗記③機内食


タイ航空ファーストクラス搭乗記、最後は機内食です。


最初のウェルカムドリンクは、選択肢がなく勝手にドンペリヴィンテージ2004という

贅沢なおもてなしでスタートしました。

そして、飲めばつがれ、飲めばつがれ。。。

きっと私は1本くらい飲んでしまったのではないでしょうか。。。


離陸後数十分すると、おつまみをいただけます。

焼き鳥にカレーパイ。


ヤキトリ。。?

カレーパイ。。。。?


不思議な取り合わせです。

食器こそ美しいですが、小学校で食べた給食を彷彿させた私の感覚は間違っておりますでしょうか。



前菜をいただきました。

こちらはロブスターのテリーヌ。

ソースはメロンとパッションフルーツという、南国タイらしい華やかな一皿と褒めておこう。


私個人的には、煮こごり風テリーヌよりお肉テリーヌのほうが好き。




スープはキャロットスープ。

トマトキューブにチリオイルがアクセントになっております。

チリオイルは、言ってみればラー油でした。物は言いよう。





メインは、和食、鴨コンフィ、グリーンカレーの3択。


・・・・なのですが、事前にリクエストしておけばスペシャルメニューがいただけます。

ロブスターなどの22種類の中から私が選んだのはビーフテンダーロインの網焼き。

焼き加減は聞かれてもないのですが、ミディアムレアでした。



パン。


可もなく不可もなく。

いえ、いいんです。タイ航空でパンの美味しさを求めてないから。




そしてワゴンサービス。

フルーツはとっても欲しかったので沢山いただきました。




そしてチーズのワゴンサービス。







ドンペリに飽きたので(一度言ってみたかった)、赤ワインやお茶を飲む。






デザートはリンゴタタンとバニラアイスクリーム。

ここまでくると、もうお腹がいっぱいです。


タイ航空ファーストクラス搭乗記は以上です。

(この後はタイ航空のビジネスクラス、エアインディアやANAのビジネスクラス利用でした。)


サービスはもちろん素晴らしいです。

12席全てを1人の美人すぎるタイ人CA(メイクはものすごい濃いが)が担当し、

統括みたいなタイ人のマダム風乗務員、男性乗務員の2人がアシストする感じでした。


乗客1人1人の名前をすべて記憶しているのか、それともあんちょこがどこかにあるのか

わかりませんけど、毎度乗客全員の名前を呼んだ後に「○○様、前菜でございます」みたいな。


あとは、着陸して乗客が機内から降りる際に、パイロットも挨拶に来たのも今までにない

経験でした。


しかし、たった6時間のフライトでファーストクラスはやり過ぎですねw

食事の満足度や、その他のアクティビティの満足度を考えると、ビジネスクラスで十分です。


また時間があったら、他のエアラインの搭乗記をレポしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

1. 無題

レポ、ありがとうございます!
2月に同じフライトのビジネス2階で利用しました。
すべて格段にちがうなぁとうっとり拝見しました。
あ、はじめのやきとりは一緒だったようなきもしますw

2. 無題

乗る機会がない私としては 疑似体験できるようでレポ嬉しいです!

3. さすが

飛行機の中でこんな食べ物が食べられなんてーの驚きの一言です。
美人過ぎるタイのCAさん、拝見してみたいものです^^

私も疑似体験できました!

4. 疑似体験

出来るだけでも十分です。
でも、一度くらいは体験してみたいな。

5. Re:疑似体験

>nori-koaraさん

そうですね、でも一度だけでいいと思いますし、「こんな過剰にはいらないなー」という感想になると思います(^∇^)

6. Re:さすが

>chikaさん

タイの女性ってこんなに綺麗なの。。というのが正直な感想でした。
バンコクではこんな綺麗な人に遭いませんでしたし、ビジネスクラスでもこんなに綺麗なCAはいませんでした。

7. Re:無題

>はるみんさん

そうおっしゃっていただけるとレポした甲斐があります!!

8. Re:無題

>さんだーばーどさん

確かに格段に違うとは思いますが、実際利用してみると、全く不要なサービスが多いです笑笑
これがもっと長距離線だったら助かるのかな、到着してからも余裕が違うのかなとは思いますが。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokyosingle

Author:tokyosingle
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。