記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が誇るイノベーティブなフレンチ"NARISAWA"



実は私、自分がとても気に入ったレストランについては、なかなかブログに書かないクセがありまして。

大好きなホテルやレストランは、どうやって書いたら皆さんに伝わるだろうかと、

そう考えているとまったく書けなくなってしまうのです。


ここ、ナリサワも、です。

あの感動と驚きの料理をどう書こうかと思っていたらあっという間に時間が経ちましたw


言うまでもなく日本で代表するフレンチ。

そして、2015年アジアのベストレストランで2位です。

1位のガガンにも先々月行きましたが、どちらにも共通しているのは、

「イノベーティブ」、 「分子ガストロノミー」かなと。

ただのガストロノミーで済まさない、もう一歩先を行く料理を楽しみました。





かと言って科学的すぎるわけではなく、逆に"Back to nature"。

自然との共存を深く考えることのできる料理の数々でした。



これは土のスープ。

土!土!

土と牛蒡をブレンドして温めたっていう。

ナリサワじゃなかったら「なめとんのか」って怒ったかもw

いや、本当に驚きの味でした。




すごい、すごい。

切り株?がボードになってお料理を演出。

なづけて「里山の風景」。


確かに、ニホン昔ばなしっぽいの。

竹筒には木の香りがすごくするエキス。


苔がありますでしょ、これは「おから」。

枝がありますでしょ、これは「ごぼう」。


ユニークすぎて、キャッキャ言いながら食べちゃいましたよ、えぇ。







なんと目の前でパンができあがるまでをみせてくれます。

これは天然酵母のパン生地。桜などの和の素材が練りこんであります。


これ、アロマポットっぽいw






こちらはカンパーニュ、それからヨモギのパン。






バターがバターに見えない演出、苔ですよ。

ここまで森にこだわるとは。

妥協を許さないんですね。









小さなアユもまるで泳いでいるかのよう。

繊細なお料理。





一見、お野菜たっぷり!

っていう一言で終わってしまいまそうな一皿ですが、このお料理のタイトルは”春の山と海”。








京都産の竹の子と、その下には確かアジでした。

竹の子の心地いい苦味も○。





駿河湾・ラングスティーヌ。


こちらも、野菜たっぷりですね!

と思いきや、下には大きな手長海老が隠れていますのゴージャスさ。





お料理の最初から最後まで、1つのストーリーになっているような、そんな演出がたまりません。

さきほどまでは、華やかな春の演出でした。


今度は。。。


煙が。。。。







なんだと思います?

イカ、です。


パプリカを液体窒素で凍らせて炭にしてしまったという、一般人には考え付かないアイデア。





時間がある程度たって、煙が消えましたらイカ登場。










”花愁仔豚”


色が美しいです。

豚ちゃんって美しかったでしたっけ?


ハーブで育てられた千葉っ子だそうです。

写真からわかるとおり、身がやあらかぁい。→ちょっとアホな子。


豚のしたにあるのは新たまねぎ。







北海道の毛ガニと石川県の鮟肝を使ったという、なんとも贅沢な漁師スープ。

それに、トマトの酸味とサフランで繊細なフレンチに仕上がりました。








目の前でガラスのふたを開けてくれます。


・・と、とたんにスモークされたいい香りがたちこめます。

萩の鰆をスモークしたお料理。






メインの鳩をいただきました。

どうです、見てるだけでおなかがいっぱいになるコースざましょ。






純米酒のグラニテ。








大きなガラスの器に、素敵なデザート。

ちょっとほっとしました。

もう胃袋破裂するーって思いましたので。


ヨモギや甘酒です。





そしてマカロン。

なんと9種類のマカロンは、カカオ分が低いものから高いものまでそろっております!







ワゴンでございまぁす!(サザエでございまぁす風に)

さぁ!お好きなだけお食べ!


・・・といわれても、この分まで胃袋に余分なスペースが実はなかったのですが、

あまりにもかわいらしいディスプレイに。。

1種類ずついただいたのは言うまでもありません。


これでランチコース、終了。

居心地のいい空間、サービスもすごくフレンドリーなスタッフの方々。

予約がなかなか取れないのですが、定期的に来たい!


そう思いました。


はぁ。。

このレポ、ずーっと書こう書こうと思ってようやく書くことができまして、

個人的にスッキリ晴れ晴れとした気分です。



ナリサワフレンチ / 青山一丁目駅外苑前駅乃木坂駅
昼総合点★★★★★
5.0



私も調子に乗ってフェイスブックページを作りました→Tokyo woman's シングルライフ

(ブログ記事の他、インスタ画像もこちらにアップしております)



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

1. 芸術的!!

土のあたりはドキドキしながら読んでましたが、最後まで行くと感動ですね(^O^)美味しそー!
興味深い内容を面白く書いてくれはるので、いつも楽しく拝見させて頂いてます!Facebookもインスタグラムも楽しみにしています(≧∇≦)

2. 無題

ART⁉️
3D⁉️
やややや
全然、想像出来ない
お品ばかり‼️
凄すぎますね

3. NARISAWA

いつか行ってみたいレストランです!!!

なんといいますか、全てすごいですね!!
写真からとても伝わってきます。

行ってみたい! 美食っていいですね(^_^)

4. やはりコチラだったんですね!

以前『土を食べました』的な記事を拝見した際、ナリサワさんかな?と思ったんですが。
お料理のおいしさと先進性に関しては私の中で今だに1位ですが、アキさんにかかるとさらにそのすばらしさに気づかされますね!
ガガンは初めて聴きましたが、詳細レポ気になります♡

5. すごい!

記憶力&記録力がすばらしい!(^^)

6. なりさわ

すきです!
なかなか行けないので、ヨダレじゅる~

7. こんばんは

ナリサワ!!!
憧れです!!!!!
あきさんのレポで思い更に募るっっ
今年こそは行ってみたいです✨

8. Re:こんばんは

>まりきゃんさん

行こう、行こう、と思っているうちに、海外赴任とかになってしまって結局行けなかったっていうことのないようにお願いしますよ~(^∇^)

9. Re:なりさわ

>sadasuke1977さん

ですよねぇ、やっぱり東京の人のほうが行きやすいですものね。

10. Re:すごい!

>ぷれりさん

本当に苦労しましたw
あとはピエールw

11. Re:やはりコチラだったんですね!

>anneさん

すごい記憶力!と、私がさらっとオンタイムで更新した記事を読んでくださって嬉しいです!

ガガンを早くレポしたくて、ナリサワをまず書かねばと思って頑張りました笑
ガガンはさすがに素晴らしかったです。1位である意味がわかりました。
早めにレポしますね!

12. Re:NARISAWA

>はるみんさん

これ以上のクオリティはあり得るのかと感じたくらい素晴らしいと私は思いました。
全てにおいてパーフェクトでした!

13. Re:無題

>mamimamiさん

そうなんです。
料理がただ美味しいだけじゃお客さんも満足しない時代って恐ろしいですよね。

14. Re:芸術的!!

>リンダ風味さん

FB,インスタ、そしてブログもチェックしてくださってありがとうございます!
こんなにやってて、いつかSNS疲れしちゃうんじゃないかと自分で恐れています笑

そうなんです、感動のお料理ばかりで最高のランチでした。
こんな素晴らしいレストランが東京にあるっていうことは誇りに感じます。

15. なるほど…

ガガン、他の方のレポをちらっと拝見したんですが、だからのインド旅行だったのでしょうか?
ビーガンからのアプローチだけかと思っていたのですが。インド家庭料理の中に原点を確認しに行かれたのですか?
ガガンとナリサワで最近のアキさんの一連の動きがつながる感じです!
ますますアキさん目線のガガンレポ楽しみになりました。

16. おはよ

   ほへぇ~~~~
   すんごい・・・・・

17. Re:おはよ

>ゆみんさん

ゆみんさん、お久しぶりです!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokyosingle

Author:tokyosingle
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。